loader
  • ホーム
  • 創生塾アントレプレナーシップコースのご案内

entrepreneurship 創生塾アントレプレナーシップコースのご案内

創生塾は創業機運醸成事業としてアントレプレナーシップコースを開始しました

 

少子高齢化やグローバル化など、多様な課題を抱える現代社会において、求められる人材が変わりつつあります。特に人工知能を始めとしたテクノロジーの発展により、多くの職業が失われ、新しい仕事を創出する必要が生まれています。

 

創生塾アントレプレナーシップコースでは、新たな仕事を創出するために必要な「考え方」や「あり方」を伝える講座に加え、「クリエイティブシンキング」などの講座を行い、自由な発想で自ら課題を発見し解決する力をつけるサポートを行います。創生塾ではこれをアントレプレナーシップと位置づけ、以上のカリキュラムを、北九州市内の公立学校(大学・高校などを予定)と連携し開催いたします。

 

さらに、「創生塾アントレプレナーシップコース」のための動画を撮影し、eラーニングのシステムを使用し、セミナーに参加できない者に対しても、映像や動画によってセミナー受講ができる環境を整えることで広く訴求し、創業に関する普及啓発を行います。

 

各関係者の皆様による見学等を歓迎いたします。ご希望の方は事務局までご連絡ください。

 

アントレプレナーシップコース

 

 

これまでの創生塾の取り組み

(一社)まちはチームだは年間50回を超えるセミナー「創生塾」を実施しており、過去30名を超える創業者を育成しています。方針として「知見と体験のシェアリング」を目的として運営しており、誰もが講師になり誰もが生徒になるという関係性が、コミュニティそのものを形作り、創業しやすい環境の醸成に寄与しています。

 

国の「働き方改革」で示された新しい社会のあり方では、兼業・副業可能な社会が想定されています。多様な働き方が求められる社会において、今後、これまで対象であった創業予定者のみならず、創業に関心のある者までを対象にした創業に関心のある者を取り組んでいく工夫が必須といえます。

 

創業無関心者向けの施策が少ないとされる中で、創生塾では創業予定者または創業間もない人だけでなく「創業に関心がある人」への支援を重視した取り組みを行ってきました。また受講生には「現在は創業に関心はないが、新しい生き方を目指したい」という人も多く、創生塾を始めて4年の間受講を続け創業に踏み出した人もおり。従来より、創業機運醸成に主眼を置いてきたと言えます。

 

創生塾の支援モデル

 

 

小倉商業高校との取り組み

創生塾の創業機運醸成事業として、小倉商業高校と一般社団法人まちはチームだ、とが共同でアントレプレナーシップコース講義を実施します。

 

■目的

・創業のベースとなる、「個の力」「コミュニティ」「地域貢献」について学ぶ。

・地域貢献人材の育成する。創業のみを目的とするのではなく、就職した際にも地域に貢献できる人材であるように、会話を重ねる。

・創業というセーフティネットの存在を知る

 

講座日程・概要

全日程小倉商業高校にて開催。

第1回 10月11日

・変わりゆく世界の中で、生きていく。(総合司会・講師:バーティ)

・【講演】事例紹介「北九州発で詩×絵×書のアーティスト“詩太”による“生と貢献”について」(講師:詩太)

・目の前の人を大切にする方法、聴くチカラ。「やりたいことについて」(講師:中川康文

※相互シェアの時間を多く確保し、参加者は理解を深めながら自分ごととして捉えるように導く。

 

第2回 10月18日

・【講演】北九州が誇るローカルインスタグラマーの栗山喬による新時代を生き抜くSNS戦略

・個の強み(目指す方向性)を磨く。高校で習うマーケティングがどのように自分に役に立つのかについても考える。(講師:栗山喬

・やりたいことを繋ぐ。グループワーク。4年1組。事業をやってみよう。【高校生による北九州マーケティング】

 

第3回 11月1日

・【講演】花屋の地域貢献物語(講師:山崎衣寿美)

・小さな花屋でも、やりたいことは叶えることができる。花屋の仕事を細分化。個性×花屋→花屋にイノベーションを。中間発表。メンター3~5名。

・グループワーク やりたいことを事業にする

 

第4回 12月4日

・グループワーク「自分のしごとをしてみよう」

・自分はこの仕事をやっていく宣言。(チームごとのプレゼン)

・花屋、インスタグラマー、アーティスト、バンドマン、デザイナー、カウンセラー、ジェネラリスト、がチームに応じてサポート。

・共通価値の創造。就職先を選ぶ。

 

第5回 12月11日

・全体の総括

・創業への意識は高まったか。

・地域に貢献する人材として、就職した際にも企業を支える人材となれるか。

 

 

アントレプレナーシップコース参考図書

小学3年生から10年間図書委員だった自分がオススメする、新しい生き方を目指したい人の必読5冊

 

 

北九州市立大学との取り組み

創生塾塾長の岡秀樹による北九州市立大学国際環境工学部を対象としたビジネススタートアップ研究の講座が始まります。(授業科目名「技術経営論」)

毎週木曜日16時10分から19時20分まで、北九州市立大学国際環境工学部にて実施。

 

10月4日

マインドセット、物事を考える姿勢をつくる、身近な課題に目を向ける

(講師補助:中川康文

 

10月11日

問題設定と観点:先行事例資料の整理、調査事例の発表

 

10月18日

ビジネスプランの構想方法、ビジネスプランの素案作成。聴き手の共感を引き出すスピーチ法。

 

10月25日

ビジネスプラン(1次案)の発表会、ビジネスプランの練り直し

 

11月1日

ビジネスにおけるお金の流れ:マネタイズ、ファイナンス問題、ビジネスプランの練り直し

 

11月8日

ビジネスプラン(2次案)の発表会、ピアレビューによる意見募集事業連携の可能性探求、最終発表準備

 

11月15日

特別授業

 

11月22日

外部審査員を含めたビジネスプランの最終発表会